きずなメール・プロジェクト

お知らせ・ブログNews & Blog

【プレスリリース】子育て情報をLINEで 多摩市「にゃんとも子育てLINE」に 「きずなメール」の提供を開始

2020年8月27日

NPO法人きずなメール・プロジェクト(東京都杉並区/以下、団体)は、2020年8月20日より、東京都多摩市にてスタートする「にゃんとも子育てLINE」に「きずなメール」の提供を開始しました。
 「きずなメール」は、孤育て予防を目的に、【複数名の医師や管理栄養士が監修した子育てアドバイス原稿(マタニティきずなメール/子育てきずなメール)】を軸とした、子育て支援の仕組みです。「にゃんとも子育てLINE」では、多摩市からの子育てに関する情報と組み合わせて配信します。
 LINE公式アカウントからの配信は、東京の26市の中で多摩市が初となります。

■「にゃんとも子育てLINE」配信による効果
・正確で信頼できる情報を提供することで、検索不安を解消し、妊娠・出産・子育てに関する不安もやわらげる。
・困りごとに適した多摩市の相談先情報を伝えることで、いざというとき市民が迷わず相談先に繋がれる。
・多摩市の子育て情報を伝えることで、地域からの孤立を防ぐ。
・パートナーと一緒に読む事で、パートナーの育児参加を後押しする。
・祖父母と一緒に読む事で、子育て情報の世代間のギャップを解消する。
・市民と多摩市が「にゃんとも子育てLINE」によってゆるやかに繋がり続けることで、感染症の流行や震災・災害時にも、正確で信頼できる情報を素早く届けることができる。

■にゃんとも子育てLINE 友だち追加
 ID @211gpghw
 

■東京都多摩市が活用している「きずなメール」
・原稿
 ・マタニティきずなメール(妊娠4週0日~妊娠41週6日)
 ・子育てきずなメール(0歳~3歳誕生日まで)
 ・自治体情報原稿(多摩市オリジナル)
・読者アンケート

■2020年度 きずなメール 活用自治体:28
https://www.kizunamail.com/read/

 「孤育て」「産後うつ」「乳幼児虐待」といった子育てにまつわる社会課題があるいま、私たちは「伝える内容と伝え方」を工夫することで、子育て世帯の不安をやわらげ、親と子のきずなや夫婦間のきずな、地域とのつながりを強めて、これらの社会課題解消を目指しています。

【プレスリリース・取材に関するお問い合わせ先】
NPO法人きずなメール・プロジェクト 担当:オノヘレ 電話03-6317-5575 inquiry@kizuna-mail.jp
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北5丁目1-5-301

プレスリリース PDF版のダウンロードはこちら

カテゴリ
ごとに見る
月ごとに
見る

お問い合わせ

きずなメールの活用・導入について、
その他の内容に関しても、
お気軽にお問い合わせください。

03-6317-5575平日:10時〜16時