きずなメール・プロジェクト

お知らせ・ブログNews & Blog

人口一万人以下の自治体の皆様へ|オンラインでの子育て支援「きずなメール」を活用しませんか?

2021年9月6日

――小さな規模の自治体からの「『きずなメール』を活用したい」にこたえたい

「きずなメール(マタニティ/子育て)」は、複数名の医師や専門家により制作・監修された原稿です。

私たちは自治体と協働で、「きずなメール」と自治体からの支援情報を組み合わせたメッセージをテキストメッセージングの手法で対象者に届けることで、子育て世帯の不安をやわらげ、親と子のきずなや夫婦間のきずな、地域とのつながりを強め、「孤育て」「産後うつ」「乳幼児虐待」を予防する「自治体きずなメール事業」を展開しています。<自治体きずなメール事業での活用例>きずなメール原稿と自治体のオリジナル原稿(〇〇市より)を組み合わせて配信します

2021年9月現在、北海道札幌市、東京都内、兵庫県神戸市、鹿児島県奄美市など、32の自治体で活用中。「自治体きずなメール事業」を活用する自治体担当職員が参加する情報交換会や勉強会は、事業のさらなる活用や改善検討の場として役立てられています。

近年、子育て世代への情報の届け方、受け取り方が多様化してきたこともあり、年間出生数が100人に満たない小規模自治体からも「LINE公式アカウントを子育て世代にも活用してもらいたい。そのために、対象者が必要としている情報・コンテンツを探している」「ホームページや広報誌での周知には限界を感じている。その人が必要な情報を自治体側から届けるための仕組みや事業を探している」と、問い合わせをいただくことが増えてきました。

「自治体きずなメール事業」は、自治体ごとのオリジナル原稿の製作や住民への事業案内など、自治体の規模にかかわらず実務は同等となり、予算も大きくは変わりません。

お問い合わせをいただいても、予算規模のミスマッチにより導入に至らないことが多々あり、より多くの人に届けたいとする私たちにとっても課題のひとつでした。

――『きずなメール小規模自治体ネットワーク』を立ち上げます

そこで、小規模自治体が特に必要としている”子育て世帯に向けた充実した情報”として、「きずなメール」そのものを活用したり、参加自治体同士で情報や意見交換したりできる、【きずなメール小規模自治体ネットワーク】を立ち上げました。参加自治体とは協定を締結し、”子どもの最善の利益の実現”を目指します。
※2020年度、弊団体はtranscosmos online communications株式会社、および株式会社ミラボそれぞれと、”子どもの最善の利益の実現”を目指すための協定を締結しました。

【きずなメール小規模自治体ネットワーク】のイメージ

――【きずなメール小規模自治体ネットワーク】に参加すると下記を活用いただけます

  • 「きずなメール」を参加自治体向けの事業費で活用できる。
    ※行政の支援情報と組み合わせて配信するものではありません。
  • 住民に向けて、自治体オリジナルの誕生日メッセージが配信できる。
  • 同じような課題を抱えた自治体同士で交流・情報交換ができる。
  • 団体や協力組織が共同で行うアンケートや研究に参加協力できる。

マタニティきずなメール/子育てきずなメール イメージ

マタニティきずなメール/子育てきずなメールの配信イメージ

――今必要とされている、「弱いきずな」で「ゆるやかにつながり続ける」オンライン支援

新型コロナウィルスの影響で、人と人が同じ場所に集まることや、対面でやりとりすることなどの直接的な支援が難しい状況が続きます。
きずなメール事業は、「弱いきずな」で「ゆるやかにつながり続ける」ことができるオンライン支援です。
ひとつでも多くの自治体の皆さまが【きずなメール小規模自治体ネットワーク】に参加してくださることで、「孤育て」「産後うつ」「乳幼児虐待」の予防につなげていくことができると考えています。

――【きずなメール小規模自治体ネットワーク】に興味を持ってくださった自治体担当者の方は、下記フォームにてお知らせください。

■資料請求・相談受付フォーム
https://questant.jp/q/0FDHEKFB

専任のきずなメール自治体協働パートナー(自治体事業担当)が、自治体での事業活用をサポートします。


事業名称
きずなメール小規模自治体ネットワーク(小規模自治体向け)

対象自治体
目安:人口1万人以下(年間出生数100人以下)の小規模自治体
※厳密ではありません。ご相談ください。

参加条件

  • 協定の締結、【きずなメール小規模自治体ネットワーク】への参加表明
  • 年間事業費用の支払い
  • 「きずなメール」は、自治体のLINE公式アカウントからの配信とする

内容
妊娠期/0、1、2歳代(3歳誕生日まで)のメッセージ版 育児百科『きずなメール』を自治体の公式LINEアカウントから配信します

  • マタニティきずなメール(妊娠4週0日~41週6日まで毎日)
  • 子育てきずなメール(生後0日~100日まで毎日、以降定期的に)
  • 自治体オリジナル誕生日メッセージ(1歳、2歳、3歳)

自治体の皆様の業務
1,準備期間

  • 協定の締結、【きずなメール小規模自治体ネットワーク】への参加表明
  • LINE公式アカウント開設(未開設の場合)
  • 地域住民への広報/登録周知

2,配信開始後

  • 地域住民への広報/登録周知
  • 団体主催のイベントや勉強会などへの参加
  • アンケートや協働研究への参加協力

事業費負担金と支払い方法

  • 年間事業費負担金:12万円(税抜)~
    ※細目はお問い合わせ時にお知らせいたします。※ご要望に応じて費用は変動いたします。
  • 支払方法:配信開始月に一括でご請求(請求書発行)
    ※ほかの支払い方法をご希望の場合はご相談ください。

――【きずなメール小規模自治体ネットワーク】に興味を持ってくださった自治体担当者の方は、下記フォームにてお知らせください。
■資料請求・相談受付フォーム
https://questant.jp/q/0FDHEKFB

カテゴリ
ごとに見る
月ごとに
見る

お問い合わせ

きずなメールの活用・導入について、
その他の内容に関しても、
お気軽にお問い合わせください。

03-6709-6893平日:10時〜16時