Test Subscription is Available! “Maternity Kizunamail” for Pregnant Foreigners in Japan.

08.06

(下に日本語の説明もあります)

We are planning to launch an English newsletter “Maternity Kizunamail” for pregnant moms and dads in Japan. Our goal is to help expectant parents from different countries feel safe, secure, healthy, and happy about their pregnancy.

This newsletter is intended to provide psychological and emotional supports as well as medically supervised daily pregnancy journal. You can utilize the newsletter to track down your baby growth in Japanese pregnancy terms (10 month/ 40 weeks).

Test subscription is available from now, please help us by subscribing to the newsletter and please kindly answer the survey questionnaires scheduled at the end of August.

Send a message or read a QR code below to subscribe the newsletter.

maternity@reg.kizunamail2.com

●About “Maternity Kizunamail”
・Content: “Pregnancy Counter(week/ month)”, “Today’s Baby” and “For Today’s Mother” will be delivered to you everyday until your registered baby delivery date. Pregnancy related Japanese tradition, myth, culture will be also explained in the newsletter.
・Targeted readers: English speaking(literate) pregnant mothers and fathers
・Register due: August 31st (It may be extended after) 
・Readers survey is scheduled at the end of August, and we need your help to improve our service.
・You can continue to read our newsletter until your baby delivery date once you signed up.

We would be very happy if you could share our newsletter in order to reach more pregnant parents. We hope the pregnancy newsletter will ease any anxiety you may have about expecting child in a foreign country.

 

●About “MAMA translation project”
Maternity Kizunamail is translated from the original content of the Japanese version by Mama translation project in collaboration with freelance team “mamimu”.
The Japanese version of Kizunamail is currently distributed in 32 local governments, in child-rearing section, across the country. The newsletter service has been well-accepted among expectant parents as “relieving” and “encouraging”. This is the epitome of our MAMA translation, to make mothers feel less isolated due to language barriers. We hope this journal will help them be more engaged in our society.

MAMA translating project Facebook page

【Project Manager Shiori Nakano】
Freelance translator in medical field. Majored English language in College and previously worked in various fields of foreign-owned firm professionally. In order to balance work with parenting, chose to be a work-from-home translator. A mother of two daughters and a former subscriber to “Kizunamail”.
http://www.p-journal.jp/entry/s_nakano

 

【Dr.Michael D. Fetters】
Professor, Family Medicine; Director, Japanese Family Health Program; Co-Director, University of Michigan Mixed Methods Program. 1995: Bachelor of Arts, Japanese Studies, Ohio State University. 1989: Medical Doctor, Ohio State University. 1992: Family Medicine Residency, University of North Carolina, Chapel Hill. 1994: Master of Public Health, University of North Carolina at Chapel Hill. 1998: Master of Arts, Interdisciplinary Program in Health and Humanities, Michigan State University. Certification of Family Medicine.

 

MAMA translation project:  Project’s advertisement poster recruiting volunteers

MAMA translation project: How we worked with volunteers

***Please kindly note that test subscription may end for service renewal without pre-notice.


マタニティきずなメール英語版 配信テスト モニター協力のお願い

在留外国人の方に、安心して妊娠期を過ごし、出産を迎えていただけるよう「マタニティきずなメール」原稿を英語に翻訳した「Maternity Kizunamail」が完成しました。この度、メールによる配信テストを開始します。

テスト配信の実施に際し、モニター登録者を募ります。登録していただいかたには、8月下旬にアンケート調査を予定しています。より良いサービスにしていくために、ご協力いただけますと幸いです。

登録は、下記をクリックするか、QRコードを読み込んで、空メールを送信してください。

maternity@reg.kizunamail2.com

●Maternity Kizunamai について
・内容:出産予定日まで毎日“赤ちゃんの様子”と“今日のママへ”のメッセージが届きます。 日本独特の妊娠期の過ごし方・妊娠にまつわる文化・慣習等、外国人ママ・パパが戸惑いがちなことも分かりやすく表記しています。
・講読対象の方:在留外国人で英語が読める妊婦の方とそのご家族
・新規登録受付期間:8月31日まで。ただし状況により、延長する場合もあります。
・モニター登録していただいた方へのアンケート調査を8月下旬に実施します。より良いサービスを提供していくために、ご協力ください。
・一旦登録して下さった方は、アンケート調査終了後も、ご自身の出産まで読んでいただけます。
お知り合いの方で妊娠されている外国人の方がいらしたら、ぜひご紹介ください。

海外の人にとっては馴染みの薄い、日本の妊娠経過の数え方(十月十日)を知るカレンダーとしてもお使いいただけます。

 

●MAMA翻訳プロジェクトについて
Maternity Kizunamailは、育児中のフリーランスチーム〈mamimu(マミム)〉と協働で立ち上げた『MAMA翻訳プロジェクト』を経て、現在32自治体で配信されている日本語版のコンテンツをもとに翻訳しています。ことばの壁で「孤育て」になりがちな外国人ママ、パパにコンテンツの翻訳は、ボランティアの現役ママと専門家のプロジェクトチームによって実現されました。

MAMA翻訳プロジェクト Facebookページ 

【プロジェクトリーダー 中野汐里】
語学系(英語)専門学校卒業後、外資系企業勤務。出産後、育児家事仕事を両立するため在宅翻訳家に。二人の娘を育てながら、主にメディカル分野の翻訳家として活躍中。「きずなメール」コンテンツの元読者。
http://www.p-journal.jp/entry/s_nakano

【医療情報監修者 Michael D. Fetters (マイク・フェターズ先生)】
ミシガン大学家庭医療課教授、日本家庭健康プログラム・ディレクター、混合研究法プログラム共同ディレクター。1985年オハイオ州立大学卒〔日本学専攻):学士号。1989年オハイオ州立大学医学部卒:医学博士号。1992年ノースカロライナ大学で家庭医療学研修。1994年ノースカロライナ大学大学院臨床疫学卒:修士号。1998年ミシガン州立大学大学院医療倫理卒:修士号。家庭医療課認定医。

MAMA翻訳プロジェクト ボランティア募集のチラシ

MAMA翻訳プロジェクト ボランティアの作業の様子

【ご注意】
テスト配信のため、状況により予告なく配信を終了する場合があります。予めご了承下さい。

 

 

ページ上部へ戻る