一般社団法人WITによる支援決定のお知らせ

05.19

特定非営利活動法人きずなメール・プロジェクト(東京都杉並区 代表理事:大島由起雄)は、東北の社会課題解決を目指す起業家に対し経営・資金調達支援を行う、一般社団法人WITウィットWIT-World in Tohokuによる経営支援先としてこの度選定されました。

 

WITは、東日本大震災の発生を受け、復興に取り組む社会起業家を支援するために2011年7月より活動を開始、これまでに女性エンパワメントや教育、地域づくり、貧困削減、介護予防などに取り組む団体への支援を行ってきました。震災から5年目を迎え、東北の社会起業がより持続可能に成長していくためには、国境とセクターの違い超えた実践的な連携が今だからこそ求められています。

 

きずなメール・プロジェクトは今年7月、WITが開催する「クロスボーダー・ラーニングジャーニー」(アメリカ合衆国と日本のビジネスや非営利セクターのプロフェッショナル20名と共に事業成長のための協働を行うプログラム)に参加し、スキルや経験を持ち寄っての実践的連携を目指しています。

詳細は、WITのリリースをご覧ください。⇒http://worldintohoku.org/release201605/

 

 

 

 

ページ上部へ戻る